Top | RSS | Admin
D-School校舎完成から1年後(フィリピン・サマール島ヒパラヤン村)

2010/03/31 13:50


D-Schoolプロジェクトが発足し、フィリピンに小学校が建ってから1年がたちました。
現地の小学生のみんなから、次のようなメッセージをもらいました!


INDIVIDUAL MESSAGE / RESPONSE OF HIPARAYAN CHILDREN TO DONORS

CDF WITH CHILDREN OF HIPARAYAN

CDF FACILITATE THE FGD


Yes, we are taught efficiently by our teachers and we can play with our friends. It is good because we have a spacious school surrounding. (Angelica Molera, Grade 6 pupil, 14 years old)

ANGELICA MOLERA


Our teachers teach us efficiently. My dream is to finish my studies and to become a teacher someday so I can teach other children as well. (Maricel Ronato, Grade 5, 14 years old)


I will be an industrious student to be able to fulfill my dreams of helping my family. I will be a teacher someday so that I can help street children. (Marbel Bringcola, Grade 6, 14 years old)


I am happy because I have kind and industrious friends. They help me in my household chores. When I lose something in school, they help me find it. They also help me with my problems. When I am sad, they cheer me up. (Joyce Orroz, Grade 5, 10 years old)


I am happy because I have friends who are kind to me. If we have misunderstanding, we immediately patch up our differences. (Gigi Tapong, Grade 4, 9 years old)


My dream is to become a medical doctor to help people inflicted with physical ailments. (John Mark Olegario, Grade 4, 9 years old)


My dream is to become a nurse so I could help sick people. I will try my best to do well in my study to fulfill my dream. (Arlyn Siguera, Grade 5, 10 years old)

ARLYN SEGUIRA
ARLYN SEGUIRA 1


We have complete classrooms and school furniture. We also have complete elementary teachers. We are not congested in our classroom unlike in the past. We can move freely and play in a spacious classroom. (Rocelyn Pedimonte, Grade 6, 10 years old)

Yes, we dance when we have school program. (Juvelyn Francisco, Grade 5, 11 years old)

My dream is to become a teacher so I can teach children who do not know how to read and to write. (Antonette Cabigat, Grade 2, 8 years old)

I want to be a teacher someday so I can help children who are not in school. (Marjorie Montallana, Grade 6, 12 years old)

I want to be a medical doctor so I can help sick people. (Cris Ortonero, Grade 4, 9 years old)


I want to be a teacher someday so I can help children who do not know how to read and to write. (Angela Balasangay, Grade 3, 8 years old)
ANGELA BALASANGAY
スポンサーサイト



  トラックバック(0) | コメント(1)






『 Dの軌跡 』思い出の映像集

2009/08/20 17:12


●D-bar・D-schoolのドキュメント映像『 Dの軌跡 』

パート1


パート2


パート3






●フィリピン学校完成報告映像





  トラックバック(0) | コメント(2)






D-School」完成報告イベント開催! 6/12(金)20:00~

2009/05/14 22:15


前回のブログエントリーでもご紹介しましたが、、

つ・い・に!

みなさんの想いが形になって、「D-School」の校舎が
フィリピン・サマール島のヒパラヤン村に完成しました!!!


幹事7名が現地落成式にて、


 「きっっっっちり」


みなさんの想いを伝え、ヒパラヤンからの想いも持ち帰ってまいりました!


 ・完成の喜びをみなさんと分かち合いたい!

 ・現地での様子、これまでの裏話なども共有したい!
 (ネームカードの写真など未掲載の画像、子供たちの寄せ書き、
  などなどお見せします!)

 ・「D-school 完成後、プロジェクトはどうなるの?」
  そんな疑問に答えたい!


6/12はそんな会にしたいと思います。


 もちろん!


幹事からの情報発信だけの、聞いてもらうだけの報告イベントでは
ありません!!


もともと我々は


 「D-Bar(Dream-Bar)~夢を語るバー(場)~」
  http://dream-bar.blog.drecom.jp/

が母体です。


せっかく一つの夢で繋がった人たち同士、

気が合わないわけはありません (笑


6/12は、参加者全員が繋がれる、

そんな仕掛けも用意しています。



 お楽しみに~!!



<追伸>

今回、会場の関係で限定90人での開催です。

(うち、幹事が20人程度いますので、実質募集は70人です。。
 すみません。。。)


ぜひお早めに申し込みをお願いします!

(前回1月の中間報告会では2週間程度で満席になってしまいました。)

 ↓申込はこちら
 http://www.formpro.jp/form.php?fid=42671




■ お申し込み&イベント概要
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 日時:6/12日(金) 20:00~
    ※先日広報した予定日6/13から変更になっています。
      ご注意ください!

 場所:トラベルカフェ・フィリピン
    http://www.travelcafe.co.jp/shop/iidabashi/   
 ※東西線A5出口目の前です。

 会費:5,000円(当日会場にてお支払いください)


 申込:↓申し込みはこちらから↓
    http://www.formpro.jp/form.php?fid=42671
 定員:限定募集90人(実質70人!) 
    ※お早めにお申し込みください!
  トラックバック(0) | コメント(0)






校舎完成!現地での校舎落成式を、幹事が訪ねました。

2009/04/14 01:58


 たくさんの皆さんにご協力いただいているD-school。ついに、「ヒパラヤン小学校」の校舎が完成しました!
 完成した校舎や学校の様子を確認し、そしてD-schoolを応援してくれたすべての皆さんの想いを伝えるために、D-schoolの幹事7名が現地での「校舎落成式」に向かいました。

 タイトなスケジュールのなかでしたが、予想以上の素晴らしい出会い、出来事の連続でした!
 幹事7名がどのような軌跡をたどったのか、さっそくご紹介しましょう。


 ※「とにかく全体像を知りたい」方、一番下の映像でもご確認いただけます。どうぞご覧ください。

●3月20日~22日、連休を利用した2泊3日の強行軍、その先には!?

○マニラ~カタルマン空港へ
toutyaku
(カタルマン空港に到着)

 ヒパラヤン小学校に向かうには、マニラから国内線でカタルマン空港を経由する必要があります。
 事前に予定されていた「校舎落成式」での滞在時間は実質半日。幹事一行は、マニラに到着した翌日、21日の早朝にはカタルマン空港へ移動、「プラン・フィリピン」の事務所を訪ねたのち、陸路で小学校へ向かいます。
planoffice
(「プラン・フィリピン」事務所を訪問:活動状況などを十分に伺いました。
現地では、とてもとても丁寧にコーディネートしていただきました)


○車での移動、そして到着した先には!!

demukae1
お出迎えの嵐、あらし!まったく予想外の村中での歓待でした!
到着までの道沿いには、小旗や鼓笛隊によるお出迎えもあったんです!!
(その様子は、このエントリーの一番下にある、映像のリンクからもご覧ください!)

demukae2
子どもたちも元気いっぱい!

demukae3
卒業式も兼ねた「校舎落成式」の準備は万端!



○そこには校舎と、そして遊具で遊ぶ子どもたちの姿がありました。

皆さんのご寄付、ご協力で建てられた「できたての校舎と遊具」、確かにありました!

kousha
小学校の校舎には、学校の「ビジョン、ミッション、コア・バリュー」が掲げられています。

seasaw(siki) suberidai(siki)
シーソーもすべり台もありました。

seasaw(usual)
設置された瞬間から、こうやって元気に遊んでくれているそうです!

※子どもたちが元気に遊んでいる様子は、このブログの一番下にある映像にも収められています。どうぞご覧ください。


○2つの教室には、「トライアングル」と「サンライズ」の名前が大きく掲げられています!
チャリティーオークションで落札された教室名は、
こんなステキなプレートになって、教室の入り口に
飾られています。ありがとうございます!
triangle
株式会社トライアングル(代表取締役 前島勝弥さん)

sunrise
「サンライズ」(渡邉堅一郎さん)

○寄付していただいた皆さんのネームプレートも完成!到着!
name(japan)
name(phili)
日本から直接!運び、学校のとても目立つところに飾っていただきました。お一人お一人のお名前が、ずっと学校に残されます。


○「校舎落成式」では、D-schoolの想いを十分に伝えました!
 幹事一同、「貴賓席」に着席。「国家斉唱」などの緊張の儀式と挨拶、おめかしした高学年の皆さんのダンスや、Rie fuさんに作っていただいた「校歌」の披露、そしてみんなで輪になっての「でんでんむし」ゲームなど、短い時間の中、D-schoolの想いを十分に伝えることができました!
※行事の様子は、ブログの一番下で紹介している映像でもご覧いただけます。

kokka
緊張の中、国歌斉唱。
幹事一同は、ステージからRie fuさん(ソニーミュージックで活躍中のミュージシャン)作詞・作曲による「校歌」も披露しました。

kihinseki
「貴賓席」で緊張しました!

dance
高学年の皆さんによる、素敵なダンス!

dendenmushi
大人も子どもも輪になった「でんでんむし」ゲーム!みんなで本当に盛り上がりました!

たった半日の滞在でしたが、私たちD-schoolの想いを十分に伝え、そして現地の「プラン・フィリピン」のスタッフの皆さん、学校関係者の皆さん、地元の皆さん、そして何よりも小学校の子どもたちから、たくさんの、たくさんのものを受け取ることができました!

名残を惜しみながらのお別れ。本当に貴重な時間でした。

その後、急遽ご紹介いただいた現地の大学では講義に飛び入り参加。たくさんの大学生とも交流するなど、うれしいプレゼントがありました。

●参加した幹事から皆さんへ~写真とひとこと

D-schoolにご協力いただいた皆さんひとりひとりへの「感謝の想い」を伝えるために、今回参加した幹事ひとりひとりから、お気に入りの写真と、それに添えたひと言をお届けすることにします。皆さんも、是非共有して下さい!


isihida
現地で校舎建設を実際に担当してくれた、プランフィリピンのメンバー、
学校の校長先生に先生たち、教育省の偉い人、ヒパラヤン村の村長さん、
村の親たちに、もちろん子どもたち、そしてDschoolのメンバー、
それぞれの想いが詰まったテープカットの瞬間!
感無量でした(石田)


koizumi
写真に写っているのは、D-schoolのロゴが描かれた大きな旗。
当日はこの旗に、フィリピンの子どもたちが“夢”を書き込んでくれました!
え?夢が描かれた後の旗はって??

ちゃんと日本にもって帰ってきましたよ!
子どもたちの“夢”が沢山描かれた旗の実物をみるのは、
次回イベントでのお楽しみに!
みなさん楽しみにしてきてくださいねー
Jun Koizumi


sugiura
(おとなも子どもも輪になった「でんでんむし」ゲーム)
みんなで手をつないで大きな大きな”輪”を作って、
フィリピンの子どもたちもお父さんもお母さんも先生もコミュニティのみんなも、
そして日本から来たD-schoolのメンバーも、
みんなみんなずっと友達だよ~♪のメッセージが伝わった瞬間!
大汗かいた、みんなのチームワークの結晶です☆
(杉浦)


takahashi
◆開校式に参加してきました!
皆様からお預かりしていた寄付金は立派な校舎に姿を変えました!
子ども達は大喜びでしたよ!
我々が訪問したは土曜日(休校日)。
てっきり近所のヒマな子ども達が集まってくる程度だと思っていたのですが
いざ行ってみるとそれは大間違い! 生徒全員はもちろん、村を挙げて
1000人近い人が人垣を作って待っていてくれました!
いやーマジ感動ですね!
(高橋)


matsuura

フィリピンに行く前の気持ちとしては、支援した側という立場で、
できた学校を視察に行く程度にしか考えていませんでした。

そして現地ヒパラヤンの村に着いて、
子ども達や村人から熱烈な歓迎を受けている時も
支援した側・された側のような意識が残っていたことを覚えています。

ところが、歓迎の式典なども終わり、
自由時間を子どもたちと一緒に遊んでいくにつれて
そういった意識がなくなり、同じアジアに住む弟や妹と遊んでいる
というような気持ちになりました。

もしかしたら、子ども達より楽しんで遊んだかもしれません。
「また遊ぼうね」そんなフィリピンの旅でした。
(松浦)


moriya
(校舎の前でプランフィリピンのメンバーと)
347人の想いがカタチになった学校の前で、一枚。
子どもの沢山の夢が、ここで大きく花咲くのが楽しみです。
(守屋)

●詳しい様子は、「完成報告会」にて、あらためてお伝えします。
今回の訪問の様子、これからのD-schoolの展開(?)については、これから開催を準備する「完成報告会」(6月12日に開催!)にて詳しくお伝えし、ご協力いただいた皆さんひとりひとりとシェアさせていただきたいと思います。詳細はメールマガジンなどでお伝えします!ご期待下さい!


●訪問の様子を映像にまとめました!

 今回の訪問の様子を、D-school幹事で、実際に訪問したメンバーのひとり、松浦が映像にまとめました。
 文章と写真だけでは到底お伝えできない大歓迎の様子、現地での式典の盛り上がりなどなど、現地で起こった「奇跡」の数々。
 ご協力いただいた皆さんも、幹事と一緒に行ったつもりになって、是非共有して下さい!


  トラックバック(1) | コメント(0)






D-school進捗報告Partyを開催しました!

2009/03/04 13:54


  2009年1月16日(金)20時~、「トラベルカフェフィリピンTOKYO店」(飯田橋)で、「D-school進捗報告Party」を開催し、90名近くの方々にご参加いただきました。 開始前から続々とご集合いただき、大変な盛り上がり。
  D-schoolは、最初の目標に向かって着実に歩みを進めています。皆さん、本当にありがとうございます!

travelcafekaijou

■学校建設は、着々と進んでいます!

 当日は、D-school幹事のひとり、仲畠瑞子の司会でスタート。まず、フィリピン大使館の横山さんから、フィリピン経済、社会の現状や、観光産業や日比関係の新しい動きなどについて説明していただきました。
 また、現地における学校建設のプロジェクト管理をお願いしている「プランジャパン」(財団法人日本フォスター・プラン協会)の寺田さんに、フィリピンにおける子どもの生活の様子や教育環境についてお話いただき、実際に進められている「ピパラヤン小学校」(北サマール州カトゥビッグ町ヒパラヤン村)の建設現場の様子、今後のスケジュールなどをご報告いただきました。
sikai
taisikanplan

 あわせて、D-school幹事の高橋研からは、昨年9月の「キックオフパーティ」後の幹事の活動状況、「プランジャパン」さんとの活動の様子、ご寄付をいただいた方のお名前を刻んだ寄贈プレートの制作状況などについて報告しました。
 「ピパラヤン小学校」は、3月下旬の開校に向け、着々と準備が進んでいます!


■「プロフェッショナル」による協力の輪も続々拡がっています!


 この日、昨年9月に開催した「キックオフパーティ」にてチャリティーTシャツオークションに応札していただいた吉野さんには、完成品を贈呈。
 また、教室のネーミングライツ(命名権)のチャリティに応札していただいた前島さんから、D-schoolへの思いなどを語っていただきました。前島さんには、ご自身が経営される会社の社員の皆さんに呼びかけていただき、このパーティに際してご寄付もいただきました。


 D-schoolの実現に向け、デザインや音楽の分野で活躍する皆さんからも協力の輪が拡がっています。

 チャリティーTシャツのデザインにご協力いただいた現役カリスマデザイナー・藤重寛志(ふじしげ・ひろし)さん、デザイナー仲間の吉田さん、榊原さんからは、あわせて「D-school」の名刺デザインと、D-schoolのために自主制作していただいたビジュアルアート作品を発表していただきました。
fujisige

  また、ソニーミュージックで活躍するミュージシャン、Rie fuさんの作詞・作曲による「校歌」が披露され、全員で合唱!Rie fuさんは、2004年3月、マキシシングル『Rie who!?』でデビュー。2008年11月21日に3rdアルバム「Tobira Album」をリリース、2/25にニューシングル「PRESENT」がリリースされます。
 「校歌」は、英語などに翻訳され、現地に届けられます。そのやさしくひろがる歌声は、フィリピンの子ども達の心にもきっと届くでしょう。
Rie fuさんのホームページはこちら

 当日ご参加いただいた皆さん、貴重なお話や発表をしていただいた皆さん、そしてD-schoolの完成に向けてご尽力いただいている皆さん、ここにあらためて感謝申し上げます。ありがとうございました!
  トラックバック(0) | コメント(0)










| Top | Next